どうしても避けられないサクラの存在とその見極め方

出会い系サイトを利用する場合、どうしても避けられないのがサクラの存在です。出会い系サイトと言えども、合コンなどと同じで、そう頻繁にカップルが成立するわけではありません。しかし、出会い系サイトの運営会社も商売ですから、あたかも出会いがありそうな予感をさせる事で、ユーザーをつなぎ止めておく必要があるのです。そして、そうすることによって、ユーザーは、「今度こそ本当に出会えるかも」と期待し、ついポイントを消費してしまい、それがサイト運営者の収入アップにつながるわけです。

しかしユーザーとしては、少しでもこのサクラに引っ掛からないようにしたいもの。代表的なサクラの見極め方としては、ハンドルネームに「○○くん」と最初から“くん”をつけておく方法があります。サクラにはコンピューターの自動制御でメールを送ってくるものもあります。この場合だと、ハンドルネームにそのまま“さん”をつけてしまうので、「“○○くん”さん、はじめまして」という、不自然なメール文になるわけです。

もし、サクラとは気付かずに、相手と何度かサイト内でのメールのやり取りが続いた場合でも、「そろそろ直接メールのやり取りをしないか?」と打診した時に、何かと理由をつけて直アド交換を拒絶するようであれば、その相手はサクラと思っていいでしょう。

いきなりはともかく、何度かやり取りが続いた相手であれば、女性の方も大抵は直アド交換を考える筈です。いちいちサイトにアクセスしてメールをやり取りしなくてて済むからです。ですので、直アド交換を頑なに拒む相手はサクラと見切って、以後、無視してしまっていいでしょう。

関連記事

コメントは受け付けていません。

Sitemap