同一人物にアプローチしてしまうミスとその回避策

出会い系サイトを利用している男性であれば、誰もがそうだと思いますが、たとえ一人の女性とメールのやり取りをするようになっても、その女性との関係だけに集中する事はないでしょう。

つまり、当然のように第二、第三の女性と知り合うべく、またプロフィール検索をしたり、掲示板を物色したりして、気になる女性にメールを出していく筈です。

しかし、出会い系サイトというのは、複数のメルアドを準備しておけば、複数登録する事が可能です。つまり、同一の人間が違うハンドルネームで同じサイト内に登録している事もあり得るのです。

「もしそうだとしても、同じ女性に行き当たる可能性なんて、ごくごく低い確率だろう」と思うかも知れませんが、意外とそうでもないのです。
何故なら、当然の事ですが、人間というのは同じようなタイプの異性が気になるからです。最初に知り合った女性とは大きくタイプの異なる女性を探すという男性は滅多にいないでしょう。

結局自分の好みのタイプを探すわけですから、似たようなプロフィールや書き込みの女性にメールを送ることになるわけで、つまり同一人物に行き当たってしまう可能性も大いにあり得るわけです。

こうなると、「私とメールのやり取りをしているのに、また違う女性にメールを出そうとしている」という事がバレてしまい、せっかくメールで仲良くなっていた女性とも“オシマイ”になってしまいます。この失敗を避けるには次の二つの方法があります。

一番確実なのは一人の女性とメールのやり取りが始まったら、その女性との関係が続いている限り、他の女性にはアプローチしないという事です。

しかし、「それでは効率が悪く、出会い系サイトを利用している意味があまり感じられない」という男性も多いでしょう。その場合は、例えば目当ての女性を見つけた時に、その女性のプロフィールを見てみてください。出会い系サイトにはよくプロフィールの項目に、「キャリア」という項目があります。現在やり取りをしている女性のキャリアと違うなら、安心してアプローチする。

もし同一のキャリアなら念のため、その女性へのアプローチは断念するのです。

関連記事

コメントは受け付けていません。

Sitemap